会計学の勉強の記録

会計や簿記の勉強をした記録を残していこうと思います。備忘記録です。税理士試験の簿記論・財務諸表論のために。
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
お勧めのブログ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 本支店会計で後T/B作成後に内部取引相殺と内部利益控除する | main | 損益計算書上の未着品分の当期仕入高注意 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    合併時に先行取得がある場合は新株を割り当てない
    0
      合併の会計処理において、先行取得している場合に、二つのポイントがありましたが、合併比率をどう計算するか?そして、取得している株式はどうするか?A社がB社の株式を先行取得した状態で、B社事態を取得する場合、まず、処理手順として、ー萋世靴討い覲式を時価評価されているのであれば、取得原価に戻す仕訳を入れる。例えばその他有価証券評価差額金などです。合併比率は、B社の発行済株式1000株に比率を乗じるのではなく、A社が取得している60株を除いた940株に比率を乗じる。その940株*合併比率0.6を乗じた564株がA社がB社へ渡す株式数となる。そして、A社が先行取得しているB社の株式は相殺消去されるイメージなので、企業を取得の際の仕訳で貸方に載せてしまう。(もっともこれは問題で先行取得部分をA社株式を割り当てないという指示が必要ですが)

      マイブームA
      お得wordインドエステお得word代行お得wordiPhoneお得wordiPhoneお得wordダイエット
      お得word禁煙お得wordひかりお得word口座開設お得wordメンズエステお得word口臭
      お得word爽健美茶お得word花粉症お得word過払いお得wordかさつきお得word過払いお得wordFX
      お得wordFX口座開設
      | - | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 09:35 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://taijyu2011.jugem.jp/trackback/4
        トラックバック